トップページ主催事業主催事業の開催報告 > アサギマダラを見に行こう

開催報告 熊野「ネイチャーウォッチング!」シリーズ

アサギマダラを見に行こう in 阪本

10月26日(日)開催しました!

 三重県立熊野少年自然の家では、平成26年10月26日(日)「アサギマダラを見に行こう in 阪本」を開催致しました。

 開講式の後、地元のガイドさんに案内してもらい、御浜町阪本の名所を散策。その後、同地内のフジバカマ畑に移動して、アサギマダラの観察会及びマーキングを行いました。

 

 アサギマダラという蝶は、3,000キロ旅をする蝶として有名で、春には南から北へ、秋には東北から九州・沖縄に向けて渡りをします。そのルートを明らかにするために蝶の羽に印をつけ、渡りの道筋のマーキング調査が行われています。熊野少年自然の家の近くの札立峠や横垣峠そのルートとして知られ、毎年多くの蝶にマーキングを施しています。

 

 この日は汗ばむほどの天候になったが、子供達は元気いっぱい活動し観察会を楽しんでいました。そして、昼食では今年穫れた尾呂志米のおにぎりと岩清水豚を使った豚汁に舌鼓をうち、充実した一日になりました。