トップページ主催事業 >主催事業の開催報告 > サイエンステクノロジー講座

開催報告 熊野「アカデミック!」シリーズ

第3回 サイエンステクノロジー講座

2月28日(日)開催しました!

 三重県立熊野少年自然の家では、平成28年2月28日(日)「第3回サイエンステクの理事ー講座」を開催致しました。

 第3回目は、少年自然の家の研修室で行なわれましたが、年度末の行事があったり、インフルエンザが流行っていたりでの少人数の子供たちで開催されました。

 

 今回は、「光を科学する」というテーマで行われ、グレージングというシートを使った分光器を作りました。この分光器を通してロウソクを覗くと、光が虹の七色に分解して見えました。 子供たちは、ロウソクの光や外の光、蛍光灯などに分光器を向けていました。

その後、七色に塗り分けられた円盤をCDに張り付けコマを作り、回してみると色が消えました。

こういった観察や観察・実験することで、光の性質について学習しました。小学校低学年の子供たちにも分かりやすい興味津々の科学の授業となりました。

 

今年度のサイエンスの授業は、今回で最後ですが、来年度も計画してますので、是非応募してください。