トップページ主催事業 >主催事業の開催報告 > 親子deキャンプ

開催報告 熊野「わく・ドキッ!」シリーズ

親子deキャンプ

10月3日(土)〜4日(日)開催しました!

 三重県立熊野少年自然の家では、平成27年10月3日(土)〜4日(日)「親子deキャンプ〜防災編〜」を開催致しました。熊野市 尾鷲市及び新宮市から小学生親子11組26名が参加して行われました。

 受付を済ませ開校式を行った後、まず災害時の写真パネルを示しながら防災に関する話がありました。 その後、野外炊事場に移動して災害時の調理法として、竹筒を利用した炊飯やポリ袋を使ったカレー作りを行いました。自分たちで火を起こし約1時間程度でカレーライスが出来上がりました。

 この他にも、秋の星空の観察や大型望遠鏡を使った天体観測などで一日目は過ぎていきました。

 

 翌日は掃除、朝食を済ませた後、毛布や上着を使った、緊急時の担荷をつくり、けが人の避難の練習をしました。小さな子供たちでも4人集まれば何とか大人を持ち上げることができることが分かりました。 その後、子どもたち待望のフィールドアスレチックにトライしました。最後は全員で記念撮影をし、キャンプは終了しました。子どもたちの中には、名残惜しそうに帰る姿も見られ、保護者の方からは「親子で色々な事に取り組めた事は、何より貴重なものだったと思います。次回は2泊3日のキャンプを企画してほしいとの声もありました。