トップページ主催事業 >主催事業の開催報告 > ファミリー農園

開催報告 熊野「わく・ドキッ!」シリーズ

ふれあい ファミリー農園

5月27日(土)開催しました!

 三重県立熊野少年自然の家では、平成29年5月27日(土)「ふれあいファミリー農園」を開催致しました。

 ファミリー農園は、昨年度に続き2回目の実施です。まず100本のイモの苗を皆で協力しながら植えていきました。その後ジャガイモ掘りに移りましたが、今年は例年より作物の生育が遅い様で、さらに5月に入って雨が少なくジャガイモの生育が悪く小さいものが多かったのですが、参加者は宝物ほりでもしている100本のイモの苗を皆で協力しながら植えていきました。ようにここにもあると歓声を上げて一生懸命でした。 穫れたイモを持って野外炊事場に移動、参加者皆でジャガイモを細く切り揚げてフライドポテトを作りました。

参加者からは、「日頃、体験できないことを親子で体験させていただきました。そして、掘りたての新鮮なジャガイモをいただきとても美味しかった。親子で楽しむことが出来ありがとうございました。」

「周りの人とお話をしながら作業ができてあっという間に時間が過ぎました。」「昨年も楽しかったので今年も参加させていただきました。苗植でいろいろ虫が出て来たり芋掘りも宝探しのようで、子供たちは特に食べることがたのしみだったようです。」

 

  7月の中旬くらいに、スイカやトウモロコシが採れる頃を見計らって、スイカやトウモロコシを食べる貝を計画しようと思っています。