トップページ主催事業 >主催事業の開催報告 >古代のくらしを体験しよう

開催報告 熊野「わく・ドキッ!」シリーズ

古代の暮らしを体験しよう

2月25日(土)に開催しました!

 三重県立熊野少年自然の家では、平成29年2月25日(土)「古代の暮らしを体験しよう」を開催致しました。

 当日は、天候に恵まれ,まず熊野の古代(縄文〜弥生の頃)の様子に付いて山川雅史さんから話を聞き、続いて火起こしに付いて鵜殿小学校の栗須校長が説明と実演を行いました。その後参加者がめいめいで火起こしを行いました。火がつくまで何回も何回も挑戦していました。その後、有馬町で栽培した古代米を使ってご飯を炊いて豚汁をおかずに昼食をとりました。午後は、12時半から那智黒石を磨いて勾玉を作りました。 最後に古代米を入れた餅をつき、参加者がそれぞれあんこを入れて餡餅を握りました。

 内容が多かったので最後まで終われるか心配だったのですが、思ったよりスムーズに運び、1時間も早く終了できました。

 参加者からは、「餅がおいしかった。サバイバルもできて知らない子供たちとも友だちになってあそんだ。」「火起こした体験が面白かったです。5才の娘が餅つき体験を始めてやったので喜んでいました。」「火を自分で熾せたことに驚きました。お餅がとてもおいしかったです。お土産も嬉しいです。初めに縄文時代の熊野の話を聞けて勉強になりました。」などの意見が寄せられました。来年度はどういう形でやるか検討中です。