トップページ主催事業 >主催事業の開催報告 > 野山で遊ぼう

開催報告 熊野「グループアクション!」シリーズ

野山で遊ぼう

12月8日(日)開催しました!

 三重県立熊野少年自然の家(本山拓哉所長)では、令和元年12月8日(日)9時30分から11時30分までの間、少年自然の家友情の森において「野山で遊ぼう」を開催した。
 天候にも恵まれ、熊野市をはじめ尾鷲市、御浜町、紀宝町及び新宮市から、親子11組21名の参加者とスタッフ12名を含めた、合計33名をもって実施された。

  開校式では所長挨拶、講師、スタッフ紹介に引き続いて講師の説明に入り、子供達は真剣に聞き入

 っていた。その内容は「今日はロープスライダー、木登り、スラックライン、ロープ渡り、ターザン

 ごっこや縄ばしご登りなどを用意しています。腕の力やバランス感覚が必要な種目が殆んどですが、

 楽しみながら怪我をしないよう、注意して行うように心掛けて下さい(要旨)」との話があった。
  早速、ヘルメットを被り6つの種目にトライした。約2時間ほどの野山遊びに時を経つのも忘れ、

 夢中になる姿が多く見られた。中には、木登りやスラックラインのコツをつかむ事が早い子供も

 いて、スタッフらを驚かせていた。また保護者もそれぞれの種目に子供と一緒になり、熱心に取り

 組んでいた。

  最後はアンケート記入、記念撮影を行ない有意義なものとなった、この事業は一件の事故・ケガも
 なく、無事に終了した。