トップページ主催事業 >主催事業の開催報告 >第2回ふれあいファミリー農園

開催報告 熊野「わく・ドキ!」シリーズ

第2回ふれあいファミリー農園

10月21日(土)に開催しました!

 三重県立熊野少年自然の家(本山拓哉所長)では、10月21日(土)「令和5年度第2回ふれあいファミリー農園」を開催しました。
  開校式の後、参加者の皆さんは同家のファミリー農園場に移動し、親子で協力し合って、さつま芋掘りの作業に取組みました。
 掘ると大小様々な形の芋に子ども達は、目を丸くしていました。 収穫されたさつま芋は、野外炊事場にて石焼き芋、さつまチップス、天ぷらやフライに調理されました。さらにちくわの天ぷらうどんも調理され参加者の皆さんは大変、満足した様子でした。
 参加者からは「お芋を想像しながら、土を掘っていくのが楽しかったです。出来立てのお芋料理もとてもおいしかったです」「至れり尽くせり、貴重な体験とおいしい料理、とてもおいしくいただきました。ごちそうさまでした」「景色を見ながら、食事ができてとても良かったです。ありがとうございます」という声も寄せられるなど、参加者の皆さんは有意義な時間を過ごしていました。